データベース『世界と日本』(代表:田中明彦)
日本政治・国際関係データベース
政策研究大学院大学・東京大学東洋文化研究所

[文書名] 降伏文書竝一般命令第一號(降伏文書並一般命令第一号)

[場所] 
[年月日] 1945年9月2日
[出典] 日本外交年表竝主要文書下巻,外務省,639-643頁.
[備考] 
[全文]

    昭和二十年九月二日

  降伏文書(譯文)

下名ハ茲ニ合衆國、中華民國及「グレート・ブリテン」國ノ政府ノ首班カ千九百四十五年七月二十六日「ポツダム」ニ於テ發シ後ニ「ソヴィエト」社會主義共和國聯邦カ參加シタル宣言ノ條項ヲ日本國天皇、日本國政府及日本帝國大本營ノ命ニ依リ且之ニ代リ受諾ス右四國ハ以下之ヲ連合國ト稱ス

下名ハ茲ニ日本帝國大本營竝ニ何レノ位置ニ在ルヲ問ハス一切ノ日本國軍隊及日本國ノ支配下ニ在ル一切ノ軍隊ノ連合國ニ對スル無條件降伏ヲ布吿ス

下名ハ茲ニ何レノ位置ニ在ルヲ問ワス一切ノ日本國軍隊及日本國臣民ニ對シ敵對行爲ヲ直ニ終止スルコト、一切ノ船舶、航空機竝ニ軍用及非軍用財產ヲ保存シ之カ毀損ヲ防止スルコト及連合國最高司令官又ハ其ノ指示ニ基キ日本國政府ノ諸機關ノ課スヘキ一切ノ要求ニ應スルコトヲ命ス

下名ハ茲ニ日本帝國大本營カ何レノ位置ニ在ルヲ問ハス一切ノ日本國軍隊及日本國ノ支配下ニ在ル一切ノ軍隊ノ指揮官ニ對シ自身及其ノ支配下ニ在ル一切ノ軍隊カ無條件ニ降伏スヘキ旨ノ命令ヲ直ニ發スルコトヲ命ス

下名ハ茲ニ一切ノ官廳、陸軍及海軍ノ職員ニ對シ連合國最高司令官カ本降伏實施ノ爲適當ナリト認メテ自ラ發シ又ハ其ノ委任ニ基キ發セシムル一切ノ布吿、命令及指示ヲ遵守シ且之ヲ施行スルコトヲ命シ竝ニ右職員カ連合國最高司令官ニ依リ又ハ其ノ委任ニ基キ特ニ任務ヲ解カレサル限リ各自ノ地位ニ留リ且引續キ各自ノ非戰鬪的任務ヲ行ウコトヲ命ス

下名ハ茲ニ「ポツダム」宣言ノ條項ヲ誠實ニ履行スルコト竝ニ右宣言ヲ實施スルタメ連合國最高司令官又ハ其ノ他特定ノ連合國代表者カ要求スルコトアルヘキ一切ノ命令ヲ發シ且斯ル一切ノ措置ヲ執ルコトヲ天皇、日本國政府及其ノ後繼者ノ爲ニ約ス

下名ハ茲ニ日本帝國政府及日本帝國大本營ニ對シ現ニ日本國ノ支配下ニ在ル一切ノ連合國俘虜及被抑留者ヲ直ニ解放スルコト竝ニ其ノ保護、手當、給養及指示セラレタル場所ヘノ卽時輸送ノ爲ノ措置ヲ執ルコトヲ命ス

天皇及日本國政府ノ國家統治ノ權限ハ本降伏條項ヲ實施スル爲適當ト認ムル措置ヲ執ル連合國最高司令官ノ制限ノ下ニ置カルルモノトス

千九百四十五年九月二日午前九時四分日本國東京灣上ニ於テ署名ス

  大日本帝國天皇陛下及日本國政府ノ命ニ依リ且其ノ名ニ於テ

    重光葵

  日本帝國大本營ノ命ニ依リ且其ノ名ニ於テ

    梅津美治郞

千九百四十五年九月二日午前九時八分日本國東京灣上ニ於テ合衆國、中華民國、連合王國及「ソヴィエト」社會主義共和國連邦ノ爲ニ竝ニ日本國ト戰爭狀態ニ在ル他ノ連合諸國家ノ利益ノ爲ニ受諾ス

    連合國最高司令官

      ダグラス・マックアーサー

    合衆國代表者

      シー・ダブリュー・ニミッツ

    中華民國代表者

      徐永昌

    連合王國代表者

      ブルース・フレーザ

    「ソヴィエト」社會主義共和國連邦代表者

      クズマ・ヱヌ・ヂレヴィヤンコ

    「オーストラリア」連邦代表者

      ティー・ユー・ブレーミー

    「カナダ」代表者

      エル・コスグレーヴ

    「フランス」國代表者

      ジァック・ル・クレルク

    「オランダ」國代表者

      シェルフ・ヘルフリッヒ

    「ニュージーランド」代表者

      エス・エム・イシット

一般命令第一號(陸、海軍)

一、帝國大本營ハ茲ニ勅命ニ依リ且勅命ニ基ク一切ノ日本國軍隊ノ聯合國最高司令官ニ對スル降伏ノ結果トシテ日本國國內及國外ニ在ル一切ノ指揮官ニ對シ其ノ指揮下ニ在ル日本國軍隊及日本國ノ支配下ニ在ル軍隊ヲシテ敵對行爲ヲ直ニ終止シ其ノ武器ヲ措キ現位置ニ留リ且左ニ指名セラレ又ハ聯合國最高司令官ニ依リ追テ指示セラルルコトアルヘキ合衆國、中華民國、聯合王國及「ソヴィエト」社會主義共和國聯邦ノ名ニ於テ行動スル各指揮官ニ對シ無條件降伏ヲ爲サシムヘキコトヲ命ス指示セラレタル指揮官又ハ其ノ指名シタル代表者ニ對シテハ卽刻連絡スヘキモノトス但シ細目ニ關シテハ聯合國最高司令官ニ依リ變更ノ行ハルルコトアルヘク右指揮官又ハ代表者ノ命令ハ完全ニ且卽時實行セラルヘキモノトス

 (イ)支那(滿洲ヲ除ク)臺灣及北緯十六度以北ノ佛領印度支那ニ在ル日本國ノ先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ蔣介石總帥ニ降伏スヘシ

 (ロ)滿洲、北緯三十八度以北ノ朝鮮、樺太及千島諸島ニ在ル日本國ノ先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ「ソヴィエト」極東最高司令官ニ降伏スヘシ

 (ハ)「アンダマン」諸島、「ニコバル」諸島、「ビルマ」、「タイ」國、北緯十六度以南ノ佛領印度支那、「マライ」、「スマトラ」、「ジァヴァ」、小「スンダ」諸島(「バリ」「ロンボク」及「チモール」ヲ含ム)、「ブル」、「セラム」、「アンボン」、「カイアル」、「タニンバル」及「アラフラ」海ノ諸島、「セレベス」諸島、「ハルマヘラ」諸島竝ニ蘭領「ニューギニア」ニ在ル日本國ノ先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ東南亞細亞軍司令部最高司令官ニ降伏スヘシ

 (ニ)「ボルネオ」、英領「ニューギニア」、「ビスマルク」諸島及「ソロモン」諸島ニ在ル日本國ノ先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ濠洲陸軍最高司令官ニ降伏スヘシ

 (ホ)日本國委任統治諸島、小笠原諸島及他ノ太平洋諸島ニ在ル日本國ノ先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ合衆國太平洋艦隊最高司令官ニ降伏スヘシ

 (ヘ)日本國大本營竝ニ日本國本土、之ニ隣接スル諸小島、北緯三十八度以南ノ朝鮮、琉球諸島及「フィリピン」諸島ニ在ル先任指揮官竝ニ一切ノ陸上、海上、航空及補助部隊ハ合衆國太平洋陸軍部隊最高司令官ニ降伏スヘシ

 (ト)前記各指揮官ノミカ降伏ヲ受諾スルノ權限ヲ付與セラレタル聯合國代表者ニシテ日本國軍隊ノ降伏ハ總テ右指揮官又ハ其ノ代表者ノミニ對シテ爲サルヘシ

日本國大本營ハ更ニ日本國國內及國外ニ在ル其ノ指揮官ニ對シ何レノ位置ニ在ルヲ問ハス一切ノ日本國軍隊又ハ日本國ノ支配下ニ在ル軍隊ヲ完全ニ武裝解除シ且前記聯合國指揮官ニ依リ指定セラルル時期及場所ニ於テ一切ノ兵器及裝備ヲ現狀ノ儘且安全ニシテ良好ナル狀態ニ於テ引渡スヘキコトヲ命ス追テ指示アル迄日本國本土內ニ在ル日本國警察機關ハ本武裝解除規定ノ適用ヲ免ルルモノトス警察機關ハ其ノ部署ニ留ルモノトシテ法及秩序ノ維持ニ付其ノ責ニ任スヘシ右警察機關ノ人員及武器ハ規定セラルルモノトス

二、日本國大本營ハ聯合國最高司令官ニ對シ本命令受領ノ後遲滯ナク日本國及日本國ノ支配下ニ在ル一切ノ地域ニオケル左ノ諸點ニ關スル完全ナル情報ヲ提供スヘシ

 (イ)一切ノ陸上、海上、航空及防空部隊ノ位置及將兵ノ數ヲ示ス表

 (ロ)一切ノ陸軍、海軍及非軍用航空機ノ數、型式、位置及其ノ狀態ニ關シ完全ナル情報ヲ與フル表

 (ハ)日本國ノ及日本國ノ支配スル一切ノ水上及潜水海軍艦艇竝ニ補助海軍艦艇ニシテ就役中ノモノ又ハ就役中ニ非サルモノ及建造中ノモノノ位置、狀態及運行ヲ示ス表

 (ニ)日本國ノ及日本國ノ支配スル一切ノ總噸數百噸ヲ超ユル商船(嘗テ聯合國ノ何レカニ屬シ現ニ日本國ノ權內ニ在ルモノヲ含ム)ニシテ就役中ノモノ又ハ就役中ニ非サルモノ及建造中ノモノノ位置、狀態及運行ヲ示ス表

 (ホ)一切ノ機雷、機雷原其ノ他ノ陸上、海上又ハ空中ノ行動ニ對スル障害物ノ位置及施設狀況竝ニ右ニ關聯スル安全通路ニ關スル完全且詳細ナル地圖附情報

 (ヘ)飛行場、水上機基地、對空防備施設、港、海軍基地、物資貯藏所、常設及假設ノ陸上及沿岸防備施設、要塞其ノ他ノ防備地域ヲ含ム一切ノ軍事施設及建造物ノ位置及說明

 (ト)聯合國ノ俘虜及被抑留者ノ一切ノ收容所其ノ他ノ抑留所ノ位置

三、日本軍及民間航空所管當局ハ一切ノ日本國ノ陸軍、海軍及非軍用航空機カ追テ其ノ處理ニ關シ通吿アル迄陸上、海上又ハ艦上ニ留ルコトヲ保障スルモノトス

四、日本國ノ又ハ日本國ノ支配スル一切ノ型式ノ海軍艦艇及商船ハ聯合國最高司令官ノ指示アル迄之ヲ毀損スルコトナク保全シ且移動ヲ企圖セサルモノトス航海中ノ船舶ニ於テハ直ニ一切ノ種類ノ爆發物ヲ無害ト爲シ海中ニ抛棄スルモノトス航海中ニ非サル船舶ニ於テハ直ニ一切ノ種類ノ爆發物ヲ沿岸ノ安全ナル貯藏所ニ移轉スルモノトス

五、責任アル日本國ノ及ヒ日本國ノ支配下ニ在ル軍及行政當局ハ左記ヲ保障スルモノトス

 (イ)一切ノ日本國ノ機雷、機雷原其ノ他ノ陸上、海上及空中ノ行動ニ關スル障害物ハ何レノ位置ニ在ルヲ問ハス聯合國最高司令官ノ指示ニ從ヒ之ヲ除去ス

 (ロ)航海ヲ便ナラシムル一切ノ施設ハ直ニ之ヲ復活ス

 (ハ)前記(イ)ノ實施迄一切ノ安全通路ハ之ヲ開放シ且明瞭ニ標示ス

六、責任アル日本國ノ及日本國ノ支配下ニ在ル軍及行政當局ハ聯合國最高司令官ヨリ追テ指示アル迄左記ヲ現狀ノ儘且良好ナル狀態ニ於テ保持スルモノトス

 (イ)一切ノ兵器、彈藥、爆發物、軍用ノ裝備、貯品及需品其ノ他一切ノ種類ノ戰爭用具及他ノ一切ノ戰爭用資材(本命令第四項ニ特ニ規定スルモノヲ除ク)

 (ロ)一切ノ陸上、水上及空中運輸及通信ノ施設及裝置

 (ハ)飛行場、水上機基地、對空防備施設、港及海軍基地、物資貯藏所、常設及假設ノ陸上及沿岸防備施設、要塞其ノ他ノ防備地域ヲ含ム一切ノ軍事施設及建造物竝ニ一切ノ此等ノ防備施設、軍事施設及建造物ノ設計及圖面

 (ニ)一切ノ戰爭用具竝ニ軍事機關又ハ準軍事機關カ其ノ運營ニ關シ現ニ使用シ又ハ供用セントスル他ノ資材及資產ヲ製造スル爲又ハ此等ノ製造若クハ使用ヲ容易ナラシムル爲計畫セラレ又ハ之ニ充當セラレタル一切ノ工場、製造場、工作場、研究所、實驗所、試驗所技術上ノ要目(「データ」)、特許、設計圖面及發明

七、日本國大本營ハ聯合國最高司令官ニ對シ本命令受領ノ後遲滯ナク前記第六項(イ)、(ロ)及(ニ)ニ揭クル一切ノ項目ニ關シ其ノ數量型式及位置ヲ示ス完全ナル表ヲ提供スヘシ

八、一切ノ兵器、彈藥及戰爭用具ノ製造及分配ハ直ニ之ヲ終止スルモノトス

九、日本國ノ又ハ日本國ノ支配下ニ在ル官憲ノ權內ニアル聯合國ノ俘虜及抑留者ニ關シテハ

 (イ)一切ノ聯合諸國ノ俘虜及被抑留者ノ安全及福祉ハ細心ノ注意ヲ以テ之ヲ保持スルモノトシ右ハ聯合國最高司令官カ其ノ責任ヲ引繼クニ至ル迄適當ナル食糧、住居、被服及醫療ヲ確保スルニ必要ナル管理及補給ノ業務ヲ含ムモノトス

 (ロ)聯合諸國ノ俘虜及被抑留者ノ收容所其ノ他ノ抑留所ハ夫々其ノ設備、貯藏品、記錄、武器及彈藥ト共ニ直ニ之ヲ右俘虜及被抑留者中ノ先任將校又ハ指定セラレタル代表者ニ引渡シ其ノ指揮下ニ入ラシムルモノトス

 (ハ)聯合國最高司令官ノ指示スル所ニ從ヒ俘虜及被抑留者ハ聯合國官憲カ之ヲ引取リ得ヘキ安全ナル場所ニ輸送セラルルモノトス

 (ニ)日本國大本營ハ聯合國最高司令官ニ對シ本命令受領ノ後遲滯ナク一切ノ聯合國ノ俘虜及被抑留者ノ所在ヲ示ス完全ナル表ヲ提供スルモノトス

十、一切ノ日本國ノ及日本國ノ支配下ニ在ル軍及行政當局ハ聯合國軍隊ノ日本國及日本國ノ支配スル地域ノ占領ヲ援助スヘシ

十一、日本國大本營及日本國當該官憲ハ聯合國占領軍指揮官ノ指示アル際一般日本國民ノ所有スル一切ノ武器ヲ蒐集シ且引渡ス爲ノ準備ヲ爲シ置クヘシ

十二、日本國ノ及日本國ノ支配下ニ在ル軍及行政官憲並ニ私人ハ本命令及爾後聯合國最高司令官又ハ他ノ聯合國軍官憲ノ發スル一切ノ指示ニ誠實且迅速ニ服スルモノトス本命令若クハ爾後ノ命令ノ規定ヲ遵守スルニ遲滯アリ又ハ之ヲ遵守セサルトキ及聯合國最高司令官カ聯合國ニ對シ有害ナリト認ムル行爲アルトキハ聯合國軍官憲及日本國政府ハ嚴重且迅速ナル制裁ヲ加フルモノトス

十三、日本國大本營ハ聯合國最高司令官ニ對シ前記第二項、第七項及第九項(ニ)ニ要求セラルル情報ヲ提供シ得ヘキ最モ速ナル日時ヲ直ニ通報スルモノトス