データベース「世界と日本」(代表:田中明彦)
日本政治・国際関係データベース
政策研究大学院大学・東京大学東洋文化研究所

[文書名] 日露間樺太島假規則(日露間樺太島仮規則)

[場所] ビットブルク
[年月日] 1867年3月30日
[出典] 舊條約彙纂,第一卷第二部,外務省條約局,676‐690頁.
[備考] 慶應三年二月二十五日,魯曆千八百六十七年三月十八,本文中の註は省略
[全文]

 慶應三年二月廿五日(魯曆千八百六十七年三月十八)於比特堡調印(日、露文)

「カラフト」島は魯西亞と日本との所屬なれは島中にある兩國人民の間に行違ひの生せん事を慮り互に永世の懇親を彌堅くせんかため日本政府は右島中山河の形勢に依て境界の議定せん事を望む旨を日本大君殿下の使節は「シントペートルスブルグ」へ來りて外國事務役所へ告知ありしといへとも魯西亞政府は島上にて境界を定むることは承諾いたしかたき趣きを亞紬亞局「ジレクトル」(役名)「タイニーソウヱッニク」(官名)「スツレモウホフ」(人名)を以て報答せり其故の巨細は大君殿下の使節へ陳述せり且魯西亞政府は右「カラフト」島の事に付雙方親睦の交際を保たん事を欲しその存意を述たり

第一 兩國の間にある天然の國界「アニワ」と唱ふる海峡を以て兩國の境界と爲し「カラフト」全島を魯西亞の所領とすへし

第二 右島上にて方今日本へ屬せる漁業等は向後とも總て是まての通り其所得とすへし

第三 魯西亞所屬の「ウルップ」を其近傍に在る「チルポイ、ブラツ、チルポイ、ブロトン」ノ三箇の小島と共に日本へ讓り全く異論なき日本所領とすへし

第四 右條々承諾難致節は「カラフト」島は是迄の通り兩國の所領と致置くへし

前書の廉々互に協同せさるに付「カラフト」島は是迄の通り兩國の所領と爲し置き且兩國人民の平和を保たんか爲め左の條々を假に議定せり

 第一條

「カラフト」島に於て兩國人民は睦しく誠意に交るへし萬一爭論ある歟又は不和のことあらは裁斷は其所の雙方の司人共へ任すへし若其司人にて決し難き事件は雙方近傍の奉行にて裁斷すへし

 第二條

兩國の所領たる上は魯西亞人日本人とも全島往來勝手たるへし且いまた建物幷園庭なき所歟總て產業の爲に用ひさる場所へは移住建物等勝手たるへし

 第三條

島中の土民は其身に屬せる正當の理竝附屬所持の品々とも全く其ものゝ自由たるへし又土民は其ものゝ承諾の上魯西亞人日本人ともにこれを雇ふことを得へし若日本人又は魯西亞人より土民金銀或は品物にて是迄旣に借受けし歟又は現に借財を爲すとあらは其もの望の上前以定めたる期限の間職業或は使役を以てこれを償ふ事を許すへし

 第四條

前文魯西亞政府にて述たる存意を日本政府にて若向後同意し其段告知する時は右に付ての談判議定は互に近傍の奉行へ命すへし

 第五條

前に揭たる規則は「カラフト」島上の雙方長官承知の時より施行すへし但し調印後六ケ月より遲延すへからす且此規則中に擧さる瑣末の事に至りては都て雙方の長官是迄の通り取扱ふへし

右證として雙方全權委任のもの此假の規則に姓名を記し調印せり此に雙方の譯官名判を記したる英文を添たり

 日本慶應三年丁卯二月廿五日

 魯曆千八百六十七年三月十八日

  於比特堡 

       小出大和守 花押

       石川駿河守 花押

   亞細亞寮長

       タイニー、ソウエッニク、

        スッレモウホフ 手記


(參考一)

 樺太千島交換條約

明治八年五月七日日比特堡府ニ於テ調印(佛文)

同年八月二十二日批准

同年同月同日東京ニ於テ批准書交換

同年十一月十日太政官布告

(譯文)條約

大日本國皇帝陛下ト

全魯西亞國皇帝陛下ハ今般樺太島(卽薩哈嗹島)是迄兩國雜領ノ地タルニ由リテ屢次其ノ間ニ起レル紛議ノ根ヲ斷チ現下兩國間ニ存スル交宜ヲ堅牢ナラシメンカ爲メ

大日本國皇帝陛下ハ樺太島(卽薩哈嗹島)上ニ存スル領地ノ權理

全魯西亞國皇帝陛下ハ「クリル」群島上ニ存スル領地ノ權理ヲ互ニ相交換スルノ約ヲ結ント欲シ

大日本國皇帝陛下ハ海軍中將兼在魯京特命全權公使從四位榎本武揚ニ其全權ヲ任シ

全魯西亞國皇帝陛下ハ太政大臣金剛石裝飾魯帝照像金剛石裝飾魯國シント、アンドレアス褒牌シント、ウラジミル一等褒牌アレキサンドル、ネフスキー褒牌白鷲褒牌シントアンナ一等褒牌及シントスタニスラス一等褒牌佛蘭西國レジウン、ド、オノール大十字褒牌西班牙國金膜大十字褒牌澳太利國シント、ヱチーネ大十字褒牌金剛石裝飾孛魯生國黑鷲褒牌及其他諸國ノ諸褒牌ヲ帶ル公爵アレキサンドル、ゴルチヤコフニ其全權ヲ任セリ

右各全權ノ者左ノ條款ヲ協議シテ相決定ス

 第一款

大日本國皇帝陛下ハ其ノ後胤ニ至ル迄現今樺太島(卽薩哈嗹島)ノ一部ヲ所領スルノ權理及君主ニ屬スル一切ノ權理ヲ全魯西亞國皇帝陛下ニ讓リ而今而後樺太全島ハ悉ク魯西亞帝國ニ屬シ「ラペルーズ」海峡ヲ以テ兩國ノ境界トス

 第二款

全魯西亞國皇帝陛下ハ第一款ニ記セル樺太島(卽薩哈嗹島)ノ權理ヲ受シ代トシテ其後胤ニ至ル迄現今所領「クリル」群島卽チ第一「シユムシユ」島第二「アライド」島第三「パラムシル」島第四「マカンルシ」島第五「ヲネコタン」島第六「ハリムコタン」島第七「ヱカルマ」島第八「シャスコタン」島第九「ムシル」島第十「ライコケ」島第十一「マツア」島第十二「ラスツア」島第十三「スレドネワ」及「ウシシル」島第十四「ケトイ」島第十五「シムシル」島第十六「ブロトン」島第十七「チヱルポイ」竝ニ「ブラット、チヱルボヱフ」島第十八「ウルップ」島共計十八島ノ權理及ヒ君主ニ屬スル一切ノ權理ヲ大日本國皇帝陛下ニ讓リ而今而後「クリル」全島ハ日本帝國ニ屬シ柬察加地方「ラパツカ」岬ト「シュムシュ」島ノ間ナル海峡ヲ以テ兩國ノ境界トス

 第三款

前條所載各地竝ニ其地產ハ此條約批准爲取換ノ日ヨリシテ直ニ全ク新領主ニ屬スル者トス但其各地受取渡ノ式ハ批准後雙方ヨリ官員一名又ハ數名ヲ撰テ受取掛トシ實地立會ノ上執行フヘシ

 第四款

前條所記交換ノ地ニハ其地ニアル公同ノ土地、人ノ下手セサル地所、一切公共ノ造築、壘壁、屯所及ヒ人民ノ私有ニ屬セサル此種ノ建物等ヲ所領スルノ權理モ兼存ス

現下各政府ニ屬スル一切ノ建物及動產ハ第三款ニ載スル雙方ノ受取掛役取調ノ上其代價ヲ按査シ其金額ハ其地ヲ新ニ領スル政府ヨリ出ス者ナリ

 第五款

交換セシ各地ニ住ム各民(日本人及魯人)ハ各政府ニ於テ左ノ條件ヲ保證ス、各民並共ニ其本國藉ヲ保存スルヲ得ルコト、其本國ニ歸ラント欲スル者ハ常ニ其意ニ放セテ歸ルヲ得役ルコト、或ハ其交換ノ地ニ留ルヲ願フ者ハ其生計ヲ充分ニ營ムヲ得ルノ權理及其所有物ノ權理及隨意信教ノ權理ヲ悉ク保全スルヲ得ル全ク其新領主ノ屬民(日本人及魯人)ト差異ナキ保護ヲ受クル事雖然其各民ハ竝共ニ其保護ヲ受ル政府ノ支配下{ジユリスヂクシヨンとルビ}ニ屬スル事

 第六款

樺太島(卽薩哈嗹島)ヲ讓ラレシ利益に酬ユル爲メ全魯西亞國皇帝陛下ハ次ノ條件ヲ准許ス

 第一條

日本船ノ「コルサコフ」港卽「クシュンコタン」ニ來ル者ノ爲メニ此條約批准爲取換ノ日ヨリ十ケ年間港稅モ海關稅モ免スル事、此年限滿期ノ後ハ猶之ヲ延スモ又ハ稅ヲ收メシムルモ全魯西亞國皇帝陛下ノ意ニ任ス全魯西亞國皇帝陛下ハ日本政府ヨリ「コルサコフ」港へ其領事官又ハ領事兼任ノ吏員ヲ置クノ權理ヲ認可ス

 第二條

日本船及商人通商航海ノ爲メ「ヲホツク」海諸港及柬察加ノ海港ニ來リ又ハ其海及海岸ニ沿ンテ漁業ヲ營ム等渾テ魯西亞最懇親ノ國民同樣ナル權理及特典ヲ得ル事

 第七款

海軍中將榎本武揚全權委任狀ハ未タ到來セスト雖モ電信ヲ以テ其送致スル旨ヲ確定セラルヽニ由リ其到ルヲ待タスシテ此條約面ニ記名シ其到ルヲ待テ各全權委任狀ヲ相示スノ式ヲ行ヒ別ニ其事ヲ記シテ以テ左劵トスヘシ

 第八款

此條約ハ大日本國皇帝陛下並ニ全魯西亞國皇帝陛下互ニ相許可シ而シテ批准スヘシ但各皇帝陛下ノ批准爲取換ハ各全權記名ノ日ヨリ六ケ月間ニ東京ニ於テ行フヘシ

此條約ニ權力ヲ附スル爲メ各全權各其姓名ヲ記シ並ニ其印ヲ鈐スルモノナリ

 明治八年五月七日卽一千八百七十五年(四月二十五日、五月七日)比特堡府ニ於テ

  榎本武揚(印)

  ゴルチャコフ(印)


(參考二)

 樺太千島交換條約附属公文*1*

(譯文)

日本國皇帝陛下ノ政府ト魯西亞國皇帝陛下ノ政府ハ本日兩國間ニ結ヒタル條約第四款ニ載タル件ヲ完成センタメ下名ノ者協議ノ上左ノ條款ヲ定ム

 第一款

魯西亞帝國政府ハ本條約ノ旨ニ基キ日本政府附ノ建物及動產ヲ引受ヘキヲ以テ其代價ヲ日本政府ニ拂フ事ヲ承諾シ日本政府ヨリ報知セラレシ金額卽チ棟數壹百九拾四軒代價七萬四千零六拾三圓(日本ドルラル)及動產ノ代價壹萬九千八百拾四圓ヲ以テ其物價檢査ノ基本トナス

 第二款

本日取結ヒノ條約第三款ニ揭クル各地受取掛雙方役人ハ各地ニ在ル建物及動產ノ兩政府ニ歸スヘキモノヲ檢査シテ其代價ヲ決定スヘシ

右雙方役人ヨリ各地並ニ靜動二產受取渡濟及其決定セシ代價ノ屆書落手ノ魯西亞政府附ノ物品代價差引キ剩餘金額ハ各地並ニ靜動二產公然受取渡濟ヨリ六ケ月內ニ比特堡府ニ於テ日本公使又ハ日本國皇帝陛下ヨリ別段ニ其命ヲ奉シタル人ニ渡スヘシ

 第三款

本日結約ノ第五款中ニ陳スル交換セル各地ニ留ル各民ノ權理及地位並ニ各地ニ住ム土人ノ義ニ付テハ東京ニ於テ日本政府魯西亞辨理公使ト尙之ニ附錄ス可キ條款ヲ取極ム可シソノ爲メ入用ナル全權ヲ魯公使ニ附スル者ナリ

 第四款

前條ニ載タル議定セシ件ハ同日記名セシ本篠約ノ列ニ加ヘタルモ同シ權力アルモノナリ

右ヲ確定スル爲メ下名ノ者此公文ヲ作リ以テ各其印ヲ調スル者ナリ

 明治八年五月七日

 卽一千八百七十五年(四月二十五日、五月七日)比特堡府ニ於テ

  榎本武揚(印)

  ゴルチャコフ(印)


(參考三)

 千島樺太交換條約附錄

明治八年八月二十二日東京ニ於テ調印(佛文)

明治九年二月二十九日太政官布告

(譯文)

明治八年五月七日卽チ千八百七十五年四月二十五日露國聖比特堡府ニ於テ調印濟ノ公文第三款ニ基キ及同日調印ノ條約第五款ノ旨趣ヲ完全ナラシメ且施行センカ爲メ雙方讓與濟ノ領地ニ在住セル各政府臣民ノ權利及其身分且兩地方土人ノ事ニツキ日本皇帝陛下及全露西亞皇帝陛下ハ爲メニ各全權委員ヲ命シタリ卽チ日本皇帝陛下ハ其外務卿寺島宗則ヲ之レニ任シ又全露西亞皇帝陛下ハ侍從兼コンセイヱーデターアクチユウエル日本在留辨理公使シャル、スツルウエヲ以テ此ノ任ニ宛テ雙方委任ノ書ヲ照應シ狀實良好ニシテ其至當タルヲ見テ左ノ條款ヲ合議決定スルモノナリ

 第一條

交換濟ノ各地ニ住ム日本及魯西亞ノ臣民現ニ其所有セル地ニ在住セント願フモノハ自個ノ職業ヲ十分營ムヲ得且其保護ヲ受クヘシ又現在所有地界限中ニテ漁獵及鳥獸獵ヲ爲スノ權ヲ有シ且其生涯中自己ノ職業上ニ關スル諸稅ヲ免スヘシ

 第二條

樺太島及クリル島ニ在住セント決定スヘキ各臣民ハ所有ノ權利ヲ有スヘシ又現今所持ノ不動產ヨリ收入スル物件及所有ノ權利ヲ證明セル證書ヲ渡シ置クヘシ

 第三條

樺太(サカリヌ)島及クリル島ニ在ル各臣民ハ自個ノ宗旨ヲ尊崇スルコト全ク自由タルヘク又禮拜堂寺堂及墓所ハ毀害スヘカラス

 第四條

樺太(サカリヌ)島及クリル島ニ在ル土人ハ現ニ住スル所ノ地ニ永住シ且其儘現領主ノ臣民タルノ權ナシ故ニ若シ其自個ノ政府ノ臣民タラン事ヲ欲スレハ其居住ノ地ヲ去リ其領主ニ屬スル土地ニ赴クヘシ又其儘在來ノ地ニ永住ヲ願ハ、其藉ヲ改ムヘシ各政府ハ土人去就決心ノ爲メ此條約附錄ヲ右土人ニ逹スル日ヨリ三ケ年ノ猶豫ヲ與ヘ置クヘシ此三ケ年中ハ是迄ノ通樺太島及クリル島ニテ得タル特許及義務ヲ變セスシテ漁獵及鳥獸獵其他百般ノ職業ヲ營ム事妨ナシト雖モ總テ地方ノ規則及法令ヲ遵奉スヘシ前ニ述フル三ケ年ノ期限過キテ猶雙方交換濟ノ地ニ居住セン事ヲ欲スル土人ハ總テ其地新領主ノ臣民トナルヘシ

 第五條

樺太島及クリル島ノ土人ハ各自個ノ宗旨ヲ尊崇スル事全ク自由タルヘシ又寺堂及墓所ハ毀害スヘカラス

 第六條

此條約附錄ノ右五ヶ條ニ載セタル議定ノ件々ハ明治八年五月七日聖比特堡ニ於テ調印濟ノ條約ニ加ヘタルモ同シ權力アルモノナリ

右ヲ確定スル爲メ各全權委員此條約附錄ヲ作リ二通ト爲シ以テ各其印ヲ調スルモノナリ

東京ニ於テ

 明治八年八月廿二日

  日本國外務卿 寺島宗則(印)

  露西亞國辨理公使 セ、スツルウヱ(印)

*1* 本公文ハ太政官布告ヲ以テ公布セラレズ法令全書ニ本條約布告ノ〔參照〕トシテ揭ゲラルル止マレリ