今日は何の日?

20世紀の中の11月14日 −主なできごと

110年前の今日 1908/11/14
清国の光緒帝没(38歳 1971.8.12〜)。15日 西大后没(63歳、1835年〜)。12.2 光緒帝の甥溥儀(3歳)、宣統帝として即位。その父醇親王載●、摂政となる。{●=さんずいに豊}

88年前の今日 1930/11/14
濱口雄幸首相、東京駅ホームでロンドン海軍軍縮条約に反発した右翼(愛国社員佐郷屋留雄)に狙撃され重傷。1931.8.26 死去。

82年前の今日 1936/11/14
内蒙軍、関東軍の援助で綏遠東部に進出。ホンゴルト(紅格図)保衛団と衝突、攻撃開始。18日 綏遠省政府主席中国傅作義軍の奇襲により敗退。23日 百霊廟陥落(綏遠事件)。

45年前の今日 1973/11/14
キッシンジャー米国務長官、中東・中国歴訪後来日(−16)。田中角栄首相と会談。中東・石油問題で協議。

42年前の今日 1976/11/14
防衛庁、茨城県日立港でソ連船にMIG-25戦闘機を引き渡す。

39年前の今日 1979/11/14
国連総会本会議、カンボジアからの外国軍隊撤退求めた日・ASEAN(東南アジア諸国連合)など25ヵ国共同提案の決議を採択。

表示終了(計 6 件)

20世紀の出来事をもっと知りたい方はデータベース「世界と日本」中の『データベース20世紀・21世紀年表』をご利用下さい。