今日は何の日?

20世紀の中の1月22日 −主なできごと

115年前の今日 1905/01/22
ロシアで「血の日曜日」事件。何ヵ月も続いた社会不安のため、聖職者ガボンが数万人の民衆を率いて皇帝に請願しようと冬宮に行進するが、近衛兵が発砲。死者70人、負傷者240人。以後各地にストが広まりワルシャワでもスト参加者に軍が発砲。第1次ロシア革命の開始。3月3日 皇帝ニコライ二世、より自由主義的な政府をつくることを明らかに。

96年前の今日 1924/01/22
イギリスでボールドウィン退陣の後、ラムゼイ・マクドナルドの第1次労働党内閣成立。

51年前の今日 1969/01/22
琉球立法院、琉球米民政府が公布(11日)した統合労働命令撤回要求を決議。

42年前の今日 1978/01/22
社会市民連合と田英夫ら社会党離党議員、社会民主連合結成準備大会(代表:田英夫)開催。「中道よりやや左寄り」の政治方針決定。

40年前の今日 1980/01/22
ソ連最高会議幹部会、反体制派物理学者サハロフ博士の栄典を全て剥奪、逮捕。同氏をゴーリキー市に流刑。

表示終了(計 5 件)

20世紀の出来事をもっと知りたい方はデータベース「世界と日本」中の『データベース20世紀・21世紀年表』をご利用下さい。