データベース『世界と日本』(代表:田中明彦)
日本政治・国際関係データベース
政策研究大学院大学・東京大学東洋文化研究所

[文書名] ASEAN設立宣言(ASEAN創設宣言)

[場所] 
[年月日] 1967年8月8日
[出典] 現代国際政治の基本文書,一般財団法人鹿島平和研究所編,原書房,602-604頁
[備考] 
[全文] 

 インドネシア政務大臣兼外務大臣、マレーシア副総理大臣、フィリピン外務長官、シンガポール外務大臣およびタイ外務大臣は、

 東南アジア諸国間に相互利益と共通の問題が存在することを想起し、現存の地域的団結と協力をさらに強化する必要を確信し、

 平等とパートナーシップの精神に立って、東南アジアにおける地域的協力を促進する共同行動のための確固とした基礎を樹立し、もって域内の平和、進歩および発展に寄与することを希求し、

 相互依存の進む世界において、平和、自由、社会正義及び経済的福祉について抱かれる理想は、歴史的、文化的な絆によって結ばれる域内諸国間の良き相互理解、善隣関係および有意義な協力によって最もよく実現できることに留意し、

 東南アジア諸国は、域内の経済的、社会的安定の強化と諸国の平和的、漸進的発展に主要な責任を有していること、また、いかなる形、あるいは表明によるものであれ外部からの干渉に対しては、諸国の理想と大望に従い、国民的アイデンティティを守るため、その安定と安全とを確保すべく決意していることを考慮し、

 すべて外国基地は、暫定的であり、関係国の明示的同意によってのみ維持され、域内諸国の国家の独立や自由を直接もしくは間接に台無しにしたり、あるいは国家発展の秩序あるプロセスを阻害するために使用されたりすべきではないことを確認し、

 ここに宣言する。

 第一に、盗難アジア諸国間の地域的協力機構として、東南アジア諸国連合(ASEAN)を設置する。

 第二に、ASEANの目標と目的は、次のとおりとする。

 1. 東南アジア諸国の繁栄と平和なコミュニティの基礎を強化するため平等と連帯の精神に立った共同の努力による地域の経済成長、社会的進歩、文化的発展の推進。

 2. 域内諸国の関係における正義と法の支配の尊重、および国連憲章の諸原則の遵守による域内の平和と安定の促進。

 3. 経済、社会、文化、技術、科学および行政の各分野において、共通する利害を有する諸問題に関する積極的な協力と相互援助の推進。

 4. 教育的、専門的、技術的および行政各分野における研究施設の面で協力の推進。

 5. 農業、工業の一層の活用、国際商品貿易の研究を含む貿易の拡大、運輸通信施設の整備、国民の生活水準向上を通じたより効果的な協力の推進。

 6. 東南アジア研究の振興。

 7. 同様の目的を有する既存の国際機構および地域的機構との緊密かつ有益な協力関係の保持、およびこれら機構間の一層緊密な協力の推進。

 [署名欄] (略)