今日は何の日?

20世紀の中の5月18日 −主なできごと

89年前の今日 1933/05/18
米でテネシー渓谷開発公社法(TVA)設立。政府のニューディール政策による総合開発事業。

86年前の今日 1936/05/18
広田弘毅内閣、陸海軍大臣・次官を現役とする軍部大臣現役武官制を復活する。皇道派締め出しを名目に軍部独裁への道を開く。

74年前の今日 1948/05/18
米陸軍省、対日賠償に関するドレーパー報告書(ジョンストン報告書)発表。賠償の大幅緩和、均衡財政の確立、為替レートの設定、鉱工業生産促進、民間貿易の拡大など経済復興計画を勧告。

44年前の今日 1978/05/18
ザイールの旧カタンガ憲兵隊反乱(5.11−)で、米・仏・ベルギー・英、人質救出の共同作戦(−22)。

43年前の今日 1979/05/18
外務省、金大中事件に関する米国務省からの秘密文書を公表。

43年前の今日 1979/05/18
与野党国会対策委員長会談、ダグラス・グラマン事件で「とりあえず松野頼三元防衛庁長官の証人喚問、岸信介元首相の喚問は継続協議」とする自民党譲歩案で最終合意。会期延長。国会正常化へ。

42年前の今日 1980/05/18
韓国、非常戒厳令を全土に拡大。光州市で反政府デモ激化、機動隊と衝突(光州事件)。戒厳司令部、金大中元大統領候補ら26人を逮捕。1997.5.18 韓国政府、光州事件17周年を迎え、初日を民主化運動の記念日に指定。

42年前の今日 1980/05/18
中国、フィジー沖へのICBM(大陸間弾道ミサイル)実験に成功。

表示終了(計 8 件)

20世紀の出来事をもっと知りたい方はデータベース「世界と日本」中の『データベース20世紀・21世紀年表』をご利用下さい。