今日は何の日?

20世紀の中の8月15日 −主なできごと

108年前の今日 1914/08/15
パナマ運河開通(1881−)。運行業務開始。従来の南アメリカ南端回りの航路が数千キロメートル短縮される。1920.7.12 正式の全面的開通。

77年前の今日 1945/08/15
日本、ポツダム宣言受諾を発表。昭和天皇、「終戦の大詔」を玉音放送。太平洋戦争終結、第二次世界大戦終る。

75年前の今日 1947/08/15
インド連邦独立宣言。新政府首相にネルー、首都はニューデリー。英連邦内の自治領となる。

74年前の今日 1948/08/15
大韓民国成立宣言。

44年前の今日 1978/08/15
福田赳夫首相、靖国神社参拝。内閣総理大臣の肩書き記帳。違憲と問題化。

42年前の今日 1980/08/15
35回目の終戦記念日。鈴木善幸首相、日本武道館で行われた政府主催第18回全国戦没者追悼式に出席後、17閣僚と共に靖国神社に「私人」として参拝。

37年前の今日 1985/08/15
経済企画庁、日本経済は情報通信分野を中心とする技術革新に支えられた「新しい成長の時代」に入りつつあるとする1985年度版『経済白書』を発表。

37年前の今日 1985/08/15
中曽根康弘首相、戦後の首相として初の靖国神社公式参拝。18閣僚も参拝。

36年前の今日 1986/08/15
新自由クラブ、臨時党大会で解党を正式決定。自民党復党へ。

表示終了(計 9 件)

20世紀の出来事をもっと知りたい方はデータベース「世界と日本」中の『データベース20世紀・21世紀年表』をご利用下さい。