今日は何の日?

20世紀の中の11月27日 −主なできごと

112年前の今日 1909/11/27
自由劇場設立。第1回試演、イプセン作、森鴎外訳『ヨン・ガブリエル・ボルクマン』(−28 有楽座、二世市川左団次主演)。

109年前の今日 1912/11/27
フランス・スペイン協定成立(マドリード条約)。モロッコにおける両国の勢力範囲を決定。北部モロッコはスペイン領に、タンジールは国際地帯になる。

102年前の今日 1919/11/27
連合国とブルガリア、ヌイイ条約調印。ブルガリア、マケドニア・エーゲ海沿岸領土を失う。

95年前の今日 1926/11/27
イタリアとアルバニア、第1次ティラナ条約を締結。領土の現状維持を目的とした相互援助と要請された場合を除いてイタリアはアルバニアに対して内政不干渉を約束する。

78年前の今日 1943/11/27
ルーズベルト米大統領・チャーチル英首相・蒋介石中国国民政府主席、カイロ宣言調印。

46年前の今日 1975/11/27
スペイン、フアン・カルロス国王即位式典。44年ぶりに王政復古。

43年前の今日 1978/11/27
ソ連共産党中央委員会総会、マズロフ政治局員(副首相を解任。チェルネンコ政治局員候補兼書記を政治局員に昇格。

39年前の今日 1982/11/27
第71代第1次中曽根康弘内閣成立。官房長官、法相など田中派・田中系無派閥が7ポストを独占。ロッキード事件灰色高官の加藤六月・国土庁長官入閣。野党が批判。内閣総理大臣:中曽根康弘、法務大臣:秦野章、外務大臣:安倍晋太郎、大蔵大臣:竹下登、文部大臣:瀬戸山三男、厚生大臣:林義郎、農林水産大臣:金子岩三、通商産業大臣:山中貞則、運輸大臣:長谷川峻、郵政大臣:桧垣徳太郎、労働大臣:大野明、建設大臣:内海英男、自治大臣・国家公安委員会委員長:山本幸雄、内閣官房長官:後藤田正晴、総理府総務長官・沖縄開発庁長官:丹羽兵助、行政管理庁長官:斉藤邦吉、北海道開発庁長官・国土庁長官:加藤六月、防衛庁長官:谷川和穂、経済企画庁長官:塩崎潤、科学技術庁長官:安田隆明、環境庁長官:梶木又三、内閣法制局長官:角田礼次郎、内閣官房副長官:藤波孝生、藤森昭一、総理府総務副長官:深谷隆司、山地進。

34年前の今日 1987/11/27
第111回臨時国会(−12.12)。竹下登首相が初めの所信表明、ふるさと創生を提唱、安定的な税制構築に意欲を示す。

32年前の今日 1989/11/27
大和証券、約100億円の損失。損失分を取引先の会社にツケ回す方法で経理操作を行っていたことが判明。

表示終了(計 10 件)

20世紀の出来事をもっと知りたい方はデータベース「世界と日本」中の『データベース20世紀・21世紀年表』をご利用下さい。